コンドロイチンでアンチエイジング

コンドロイチンにはどんな効果がある?

コンドロイチンはアミノ酸の一種で、体の粘液、関節の軟骨などに含まれています。

水分を保持する機能があります。つまり、水を吸って膨らみ、その水を逃さないようにしています。

同様の成分としてはヒアルロン酸があまりに有名でしょう。役割としては、ほぼ同様のものと考えていいでしょう。

ヒアルロン酸の場合は、お肌の中でこの役割を果たしているのに対し、コンドロイチンは軟骨の中なのです。が、これは配分の違いだけで、実はどちらもお肌・軟骨の両方に存在しています。

軟骨は、骨と骨が直接ぶつからないようにし、また、関節の動きがスムーズになるようにしています。つまりクッションと潤滑油の役割を果たしています。それができるは、このコンドロイチンが水分を吸って膨らんでいるためです。

このコンドロイチンは、成長期には盛んに体内で合成されています。が、25歳ぐらいがピークで、あとは減る一方です。

60代ともなると、ピーク時の4分の1程度になります。中高年が関節痛や関節炎に悩むのもそのためです。

また、激しいスポーツをする人は、このコンドロイチンが不足しがちです。こういった面からもヒザにトラブルを抱えやすいのです。

もちろん、この減少は軟骨だけではなく、お肌でも同様に起きています。お肌のハリやツヤがなくなるのは、ヒアルロン酸の減少だけではなく、コンドロイチンの減少の結果でもあるのです。

コンドロイチンが含まれる食材としては、ヤマイモ、オクラ、ウナギ、ドジョウなどがあります。が、含有量は多くありません。サプリメントの必要性は高いようです。

コンドロイチンには牛由来、魚由来がある?

コンドロイチンは実は身近にある食材にも含まれています。

納豆、ヤマイモ、オクラ、海藻、ウナギ、スッポン、魚眼などなど。動物、植物を問わず、ネバネバしたものに多いようです。が、あまり量は多くありません。

ということで、どうしてもサプリメントで補うことが多くなるでしょう。

使っている原料は時代とともに変化してきています。

かつては大半がクジラ由来でした。が、捕鯨禁止により、代わりのものが探されるようになりました。

で、登場したのが、ウシ由来、ブタ由来、トリ由来などです。が、これらも今現在は使われなくなる傾向にあります。

ウシはBSE(牛海綿状脳症)、ブタは口蹄病、トリは鳥インフルエンザの影響です。

軟骨からはこれらの病気が感染することはないとされています。が、用心には用心を重ねるといった形です。

で、今もっとも一般的にみられるコンドロイチンはサメ由来です。特に意識せずに選べば、ほぼこれになるでしょう。ヒレや軟骨が使われます。コスト面から選ばれているようです。

また、近年はサケ由来のものも増えてきています。この場合は、サケの鼻のあたりにある軟骨を利用しています。

さらにはイカ由来、エイ由来のものがあったり、植物由来のものも商品化されています。

このようにたくさんのものが使われるのは、それぞれに同じコンドロイチンと言っても成分違いがあるからです。

また、臭いがないものをということで、魚系を避けているところもあるようです。

サイト情報案内

カラダの疲れを解消するにんにくパワーを上手に活用しましょう。黒にんにくは白にんにくにはないたくさんの効能があり、日常生活に取り入れることでいろいろなメリットがあります。

http://xn--y8jvca3n1kzby909ahm6dwdsc.com/

あなたが認識していない骨格の偏りや代謝の衰退が、体重増加や老化の起点になっています。スリムな体型を作りながら、体全体をいきいきと新生させる最新のダイエットのやり方です。

http://xn--b9j4ayewa7m1d2d1833f.com/

包茎手術を成功させるコツをご案内しているサイトです。手術後の仕上がりがキレイな上手な病院を見つけて悩みのない快適な生活を送りましょう。

包茎手術 名古屋

Copyright (c) 2014 コンドロイチンでアンチエイジング All rights reserved.